片品村に伝わる言い伝え

top


ばけもの沢
山仕事のために、山に小屋を作って住んでいた人があった。ある日のこと
夕ぐれ近く、にわかに戸口が暗くなった。見ると大きな脛(すね)が二本、
戸口いっぱいに立っでいる。もちろん脛から上は見られないので、男か女
か、どんな顔だかもわからない。とんだ怪物があらわれたもので、それ以来
この沢を「ばけもの沢」と呼ぶようになり、今でもその地名が残っている。
(戸倉)。

尾瀬沼の主
尾瀬沼のぬしは、沼いっぱいになる程の大牛だということである。その大
牛の寝ている尾のところから瀬が流れていたので尾瀬という名が生れた。
(戸倉)
今も年首という地名が残っている(尾瀬)



山焼きで焼け死んだ蛇を犬がたべたら、やま犬になって大変あばれた。
(摺淵、東小川)


送り狼
むかしは山犬(狼)が多くすんでいて、人が歩いているとうしろからつい
て来る。人が立ちどまれぼ狼も立ち止まり、歩き出せぱまたうしろからつい
て来る。これを送り娘といって恐れた。若し人が石にでもつまづいてころぶ
と、すぐにおそいかかって来てかみっいたという(花咲)


峠と狼
花簾一せみね峠とも呼ぶ)は登るには楽だが、木が茂っているので狼の
出没がはげしく、千貫峠はけわしいが石山であるために、狼があまり出ない
ので多く利用したと伝えられている。


猿追祭の起り
千年も昔のこと、武尊山の猿岩という岩窟に白猿が棲んでいて、夜ごとに
村に出て作物を荒した。そこで村びとは武尊明神に訴願したところ、それき
り白猿は来なくなった。今に猿追祭という行事がったわるのは、村びとの感
謝の意を表するものである。(花咲)


怪獣カシヤ
むかしカシャという怪獣がいて、死人の肉を好んで食った。とむらいの時
に、和尚さんがお経をあげているさい中でも、このヵシヤがしのんで来る
と、棺桶が見えなくなったという。ある時たいそう強い人がいて、このカシ
ャを切一たので、この刀を力シャ切り丸と呼んだ。その刀は千明本著所蔵
されているという。(東小川)


笠科の名のおこり
笠ヶ岳のシナの木の下が水源なので笠シナ川という。又一説に、文珠ヶ岳
の肩から水源を発しているので属シナ川という。(土出の故老談)
註、東小川の文政時代の地図には、「笠山楊川」とあり、山場に「しな」と振り仮
名がしてある。


くそべ山
古伸から戸倉へ行く途中、対岸にエンスイ形の小山が見える。土地でぱく
そべ山と呼んでいる。
むかし源九郎判官義経の一行が奥州落ちのみぎり、弁慶がこの山の下で野
糞をしたので、以来この名が起ったといわれている。(古仲)


八百比丘(ハッピャクビクニ)
花咲に八百比丘行水の松というのがあった。むかし八百比丘が武尊山へ登
る前に、この松のかたわらで行水して身をきよめたという。また小学校の上
に、休息したといわれる比丘尼石がある。
八百比丘というのは、利根川べり、月夜野町小川の娘であったが、いつま
でも乙女の姿ですこしも老いず、諸国を修行して歩き、八百才まで生きたの
で、こう呼ばれたという。そのおわりは若狭国空印寺で没し、八百姫神社と
して祭られたとったえられる。(山崎)


歌上川の由来
須賀川に「歌とめ川」と呼ばれるところがあり、今は小立沢という。むか
しから語りつたえるところによれば、昔、西行法師かご工を通りかかった時
に、鎌を手に持った少女に出あった。法師が、
「どこへゆくのか」
とたずねたら、少女はそくざに、
「冬ほきて夏には枯るる草刈りに」
と答えた。歌の上の句らしいが、さてなんという草か、不思議な車もある
ものよ、と、さすがの西行法師も下の句が出来ず、よくよく考えて見れば、
それは麦のことで、少女は麦刈りに行くところであったのだ。
ようやくえとくした法師は、つくづくと感じ入り、「かかる山里の乙女に
して、この風流を持つ、わが修行いまだいたらず」と恥じ入り、とぼくと
もと来た道へ引き返して行った。
それ以来ここを「歌とめ川」と呼ぶようになったという。(須賀川)

弘法大師
むかし戸倉の玉城屋の先祖が、目の暮れ方に門口に立っていると、ひとり
の旅の僧が通りかかり、一夜の宿をもとめられたので、
「どこからおいでになったか」
と聞くと、
「けさ若松をたって来ました」
という。会津若松から三十六里の道を、一日で歩いて来たとは、(これは
ただ人ではない)と思って、ていねいに部屋へ通すと、
「人助けになるまじないを教える」
と僧はいう。ちょうどその時、手つたいに来ていた年老いた女が、
「私も信心して居ります。どうか私にも教えてくだされ」
とたのんだが、僧は
「そなたの心がげは、まだまだよろしくない」
といって、その女には教えなかった。
あくる朝出立の時に、僧のわらじをはく姿を、みんな見たが、出てゆく姿
はだれにも見えなかった、とったえられている。これは弘法大師の化身に違
いないというので、以来玉城屋では、代々の当主が、必ず一生のうち数回は
高野山参りを怠らず、それは今日につづいている。(戸倉萩原召司氏談)


同じく弘法大師のこと
大同二年のこと、弘法大師は諸国巡錫中、土井出の庄古伸に立ち寄られ、
ここに安楽寿院を建立されたという。(古仲)


武尊霊泉
嘉永の頃というから、あまり古いことではない。そのころ武尊山尊崇の行
老が登戸に来て、「ここを掘れば霊泉が出る」というので、半信半疑なが
ら、村の六郎兵衛と弥次郎の二人が、いわれたところを掘って見ると、行者
のいう通り、なまぬるい水が出て来た。
これはこれはと村びとは珍しがり、さっそくその水たまりに入って、「ぬ
くいく」といいながら、実は唇を紫色にし、鳥肌(とりはだ)となってひ
たっている図は、まるでキツネ、タヌキにばかされているようであった。
そのうちに気のきいた人があって、上り湯をわかすようにしたので、サァ
伝え聞いて近郷近在からも入浴にくる人が多<なり、飴菓子などを売る店ま
で出来たという。
その後どうしたわけか、霊泉はとまってしまったが、今でもその跡から湯
舟の破片や、茶器のかげらなども出て、「ぬく湯、ぬく田」という地名が残
っている。(登戸)


天明の頃、越本音昌寺の隠居で、りょうかんという老僧が、別に堂を建て
て住んだので、その堂を人々はりょうかん堂と呼んだ。
この老僧は掌(てのひら)で火をとばして仏をおがむので、村の人たちは
有りがたがって銭(ぜに)を投げたという。りょうかんとはどんな字を書い
たのか、だれも知る人はない。
この堂内には、十六羅漢などもかざってあったが、維新後沼田へ売られ
た。(中里の故老談)


根子の彦五郎
むかし東小川の根子に、彦五郎という大力無双(むそう)の男がいた。あ
る弓道を歩いていると、とつぜん山から大石が落ちて来た。彦五郎は「これ
はあぶない」と逃げるかと思ったら、そうではなく、足駄ばきの片足を上げ
て、苦もなく落ちて来た大石を受けとめた。そのため石に足駄の歯のあとが
っいたそうな。
村の人はそれを聞いてびっくりし、「根子の彦五郎足駄石」と名づけて、
大沢の石ぼとけのかたわらにかざった。今でもその石はあるという。

 

胡麻と里芋を作らない
これは村内にゆきわたっている伝説である。た父この話に出てくる主人公
にはいろくあって、たとえば、
昔、日本武尊が芋畑でころんで、胡麻で目をついて難儀されたので、それ
以来村では胡麻と里芋を作らない。
といい、花咲では、尾瀬次郎の妻の保多加御前が、その被害者になってい
る。この人は京のやんごとなきあたりの姫君とあれば、つい歩きなれぬ畑
で、芋殻を踏んでころび、おまけに胡麻殻で目をついたものであろう。まこ
とにおいたわしや。
ところが今一人、古仲と穴沢で伝えている話では、御霊神社の祭神、鎌倉
権五郎景政となっている。これもすべって目をっいたのだが、かりにも鎌倉
武士の元祖が、だらしがない話である。
里芋は元来あたたかい地方のものであるから、昔は本村では出来なかった
ものであろう。だが胡麻はどうしたわけか。


鬼神丸
むかし千明氏の祖先が、鬼神を斬ったという鬼神丸という刀があった。そ
れで「千羽姓の家には鬼が寄りつかぬ」というので、節分の豆まきをしな
い(東小川)。
その刀は下平に宝心流の剣道家がいて、持ちったえたという(摺淵)。
一説には、むかし尾瀬某という人がいた。この人はたいそうな学者で、ま
た絵が上手だった。ある時村に魔性のものがあらわれたので、尾瀬某はわた
りあい、相手の逃げるを追って、とうく武尊山の頂上で追いつめて斬り捨
てた。この刀を鬼神丸と名つげ、村にったわっていた(花咲)。

針山の岩屋
寛政十年越後国東福寺の僧通覧和尚がこの村に来られて、岩屋を中興し、
如意輪観音黄金仏像を安置されたという。(針山)
現在同所の千明長次氏方に、大切浸管されている、小さな観世音座像が
それであろうか。


TOP